ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  その他有名人  »  世界最長小説「グイン・サーガ」続編再開~原作者栗本薫は死後色々暴露されていた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最長小説「グイン・サーガ」続編再開~原作者栗本薫は死後色々暴露されていた


415031134Xパロの暗黒 (ハヤカワ文庫JA)
五代 ゆう 天狼プロダクション
早川書房 2013-11-08

by G-Tools


【文化】 “世界最長小説” 作者死去で未完の「グイン・サーガ」、2人の作家により続編が再開…栗本薫氏の意志を継ぐ★2

1 :紅茶飲み(゚д゚) ◆MILKTEAwJUd. @紅茶飲み(゜д゜)φ ★:2013/11/03(日) 12:56:18.16 ID:???0

1人の作家が手掛けた小説としては世界最長のシリーズとして知られる、故・栗本薫さんの長編小説「グイン・サーガ」本編の続編が、2人の作家の手によって再開されることが31日、明らかになった。
11月8日に五代ゆうさんの手で131巻「パロの暗黒」が、
12月に宵野ゆめさんの132巻「サイロンの挽歌」が発売される。栗本さんは、自らの死後も誰かが物語を語り継ぐことを希望していたという。

 「グイン・サーガ」は、出自が分からない豹頭の戦士グインの活躍を中心に描いた群像小説で、累計3300万部を誇る。1979年から早川書房で刊行を始めた。2009年には、本編1~16巻の物語がアニメ化されたが、同年5月に栗本さんがすい臓がんのため56歳で死去。原作の小説は同年12月に発売された130巻「見知らぬ明日」を最後に、未完となっていた。

 五代さんは、91年に「はじまりの骨の物語」で第4回ファンタジア長編小説大賞を受賞しデビュー。
代表作に「機械じかけの神々」「パラケルススの娘」などがある。
宵野
さんは、栗本さんの評論家の筆名である中島梓の小説塾に参加した直系の弟子で今年、グイン・サーガの外伝「宿命の宝」でデビューした。

 早川書房によると、栗本さんのプロットは5~6巻分残されているが、
その後については2人の手で継続されることになる。
(毎日新聞デジタル)

http://mantan-web.jp/2013/10/31/20131031dog00m200055000c.html?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed


153 :名無しさん@13周年:2013/11/06(水) 05:56:02.99 ID:OBru3aXj0
>>1
竜頭蛇尾という言葉があるが、この作品の場合
豹頭腐胴→(作者が)荼毘、この上に蛇足をつけたしてどうする


168 :名無しさん@13周年:2013/11/07(木) 21:00:36.35 ID:yKiQX3po0
>>153
駄洒落でなく正論に思えるから何だなw



2 :名無しさん@13周年:2013/11/03(日) 12:58:38.96 ID:0CtII5o0P

糞じゃん


9 :名無しさん@13周年:2013/11/03(日) 13:12:41.46 ID:cx/wjA3u0
>>2
 おいおい、終わらすな
って、は最後までのストーリー考えてなかったのか・・・こりゃいがい



5 :名無しさん@13周年:2013/11/03(日) 13:04:37.64 ID:K4C8BGrr0

栗本ババアの自キャラ萌え腐臭がどんどん強力になってやんなったから
これを機に改まるかと期待したいが
ババアの直弟子ってのがむしろ不安だなー



40 :名無しさん@13周年:2013/11/03(日) 14:13:07.28 ID:RjXxCnVO0

30巻手前でまともな小説から外れたと気づいてリタイヤしたが
そこから100巻あるって栗本ファンはどんだけ辛抱強いんだ……




42 :名無しさん@13周年:2013/11/03(日) 14:29:15.10 ID:8O6TZ29g0

不謹慎を承知で言うが
どうせ未完で終わるのであれば、30巻くらいの時点で亡くなっていれば
いつまでも惜しまれ語り継がれる不朽の名作でいられたのにね。



72 :名無しさん@13周年:2013/11/04(月) 06:05:59.47 ID:zz0zbhiC0

俺は2巻出た頃読み始めて17巻くらいで挫折 
キマイラもそうだったけど発刊間隔開くとせっかくの読者も読まんようになるから


103 :名無しさん@13周年:2013/11/04(月) 16:53:38.45 ID:xN4v5mLm0
>>72
発刊間隔が開く? なんの話よ。
内容はともかく
こんだけ長期にわたって間断なく刊行され続けた小説なんか無いよ。
内容はともかく。


104 :名無しさん@13周年:2013/11/04(月) 17:10:58.15 ID:bcoMMLVG0
>>103
24~30巻は1年に1冊ペースだった
内容が崩壊し出したのもその頃で、脱落者を大量に生んだと思われる



78 :名無しさん@13周年:2013/11/04(月) 11:11:34.88 ID:rMnFxNyIO

87巻くらいまで読んでた
けど200巻まで書くとか言い出して萎えてやめた

長く書けばいいってもんじゃないし、結果として長くなったならいいけど、他の作家が100巻やるからそれ以上って理由だもん
頁数稼ぎみたいな部分も多かったし
完結したら続き読むか考えようと思ってたけど、完結しなかったね



94 :名無しさん@13周年:2013/11/04(月) 12:32:44.40 ID:EShZStNE0

学生の頃に
天野
の絵に惹かれて当時既刊だった20巻ぐらいまで読んだものの
ネタ詰まり感が出てきたのと、
文章表現の引き出しの少なさが気になってきてたところに
100巻まで構想あると聞いて面倒くさくなってFOした。

読み直そうとは思わんなー




108 :名無しさん@13周年:2013/11/04(月) 21:49:54.69 ID:mw0g8O/G0

90年ぐらいだったかな、
本伝外伝含めて、本当に年1冊になった年があったな。
あと書きにもそれについて、
編集からの悲鳴の電話があったと、触れられていかと。
しかし同時期、ハヤカワHi とかで外伝の連載とかも
やってたような気もするし、
記憶が曖昧



123 :名無しさん@13周年:2013/11/05(火) 11:47:06.59 ID:oOj3G6r50

へええ、グインの新刊がでるのかあ。
本棚の奥の方にしまってある、グインサーガを引っ張り出して、
ちょっと読み返してみようかなあ。
 
 
とは、微塵も思えません。


124 :名無しさん@13周年:2013/11/05(火) 12:44:01.17 ID:cAcTwf+20
>>123
焚書してないだけ愛があるよね



150 :名無しさん@13周年:2013/11/06(水) 05:03:25.07 ID:2nx9BiC20

これまでのを《真正ホモ訳版》、
今回からは《通常版》と、分けてほしい



161 :名無しさん@13周年:2013/11/07(木) 03:48:24.44 ID:xZqspzgh0

いよいよ明日か
一応保持しておくか

温帯は好きではないが
グインの世界観とかキャラは好きなので買ってやるよ



179 :名無しさん@13周年:2013/11/08(金) 00:49:03.23 ID:thnf6lJM0

終盤はもう薬とかの副作用で
精神が集中できなくなってたんだろうと思う。
ずっと病魔に蝕まれながら130巻
その他の作品も山のように書いた
偉いよ本当に。



豹頭の仮面―グイン・サーガ(1) (ハヤカワ文庫JA)豹頭の仮面―グイン・サーガ(1) (ハヤカワ文庫JA)
栗本 薫

荒野の戦士―グイン・サーガ(2) (ハヤカワ文庫JA) ノスフェラスの戦い―グイン・サーガ(3) (ハヤカワ文庫JA) ラゴンの虜囚―グイン・サーガ(4) (ハヤカワ文庫JA) 辺境の王者―グイン・サーガ(5) (ハヤカワ文庫JA) アルゴスの黒太子―グイン・サーガ(6) (ハヤカワ文庫JA)

by G-Tools




Clip to Evernote


ブログパーツ


81 :名無しさん@13周年:2013/11/04(月) 11:48:20.31 ID:MswkYuAa0

確か本人ものすごく体が弱くてデリケートだっていうのエッセーで読んだことあるな
まあどちらにしても存命中から作品的にもう終わってた作家だわ


109 :名無しさん@13周年:2013/11/04(月) 21:50:35.88 ID:6SOLJahZ0
>>81
それ自称
神楽坂倶楽部って日記に生活が書いてあったが
ただの油物食べ過ぎおばさん
気持ちが沈んだら自分は鬱病だいたわれというタイプで自称多重人格とか拒食症とか騒いでた


112 :名無しさん@13周年:2013/11/04(月) 22:06:30.68 ID:G7zupR8O0

>体が弱くてデリケート

高校時代に柔道やってたことすごく自慢
してなかったかw
その時の筋肉があるから今でも体力が
あるみたいなこと


114 :名無しさん@13周年:2013/11/04(月) 22:21:39.25 ID:kfyA8ewS0
>>112
あの人のセルフイメージはたくさんあるので信用ならない

男どもに交じって酒酌み交わす、貰い煙草が似合うような、
バンカラ酒豪姐さん
ほそっこくってちびっちゃくってハムスターみたいな、
萌え袖の似合う永遠の幼女
レズビアンがふるいつきたくなるようなグラマラス美女
和服自分で縫っちゃう、料理上手で糠床作りもうまい、
世話好きなかいがいしいおっかさん
一度覚えたことを決して忘れられない、
融通の利かないコンピューターみたいな物書き

↑これら全部自分で自分を描写してることだから


120 :名無しさん@13周年:2013/11/05(火) 01:29:07.94 ID:8yh3SVYV0

摂食障害ですげー体格になってた時にもテレビに出て来た。

ぶよんぶよんの表面に無理矢理に
眉墨とか口紅とかで顔かいたみたいだった。

それでもへーきでテレビに出て来る、
なんつーか、精神がフツーじゃない人なのは分かった。

なんつーか、
やっと脂肪してくれたかと今ではホットしている。



99 :名無しさん@13周年:2013/11/04(月) 14:44:06.93 ID:+sp8tWafO

60巻くらいまで読んで、話の内容よりあとがきでの作者の
自画自賛っぷりに引いたっけな
ケイロニア篇あたりが話も天野絵もピーク



106 :名無しさん@13周年:2013/11/04(月) 17:57:12.64 ID:OdRVdYiA0

シルヴィアの名誉と精神を破壊し麻薬や酒を与えて
色情狂の廃人にしたグラチウスユリウスが萌えキャラ化し
グインとも何となく仲が良くなってきたのは酷かった
ユリウスシルヴィア救出時に成敗されるべき敵役で
闇の司祭グラチウスグインの憎悪と復讐の対象に
相応しい大物悪役に育てなければいけないのにな

この二人は肉体関係のあるホモの主従がつけられたが
これには腐女子ですら憤慨していたな



144 :名無しさん@13周年:2013/11/05(火) 21:38:41.61 ID:PqVPWOUO0

どんな内容の話?興味あるけどスカーレットウィザードみたいにチートじゃなきゃよみたい


145 :名無しさん@13周年:2013/11/05(火) 21:44:33.81 ID:7TBKE6WV0
>>144
基本的に、努力・根性・友情は出てきません
超人的身体能力や、絶世の美形が、普通に出てきます


155 :名無しさん@13周年:2013/11/06(水) 06:28:31.28 ID:80S5lBuS0
>>145
ヒロイック・ファンタジーだから当然といえば当然かもしれないが
登場人物の成長や成熟も殆どなかったねえ
本来はレムス、イシュトバーン、アムネリスあたりが
成長しなければいけなかったんだろうけど



239 :名無しさん@13周年:2013/11/09(土) 01:20:23.38 ID:WI2UPM+30

ここの人達は何巻あたりで嫌気が差したの。
俺は30巻前後で気持ち悪くなっった


260 :名無しさん@13周年:2013/11/09(土) 11:21:16.56 ID:d4miBdlf0
>>239
面白かったのは20巻ぐらいまで。
風のゆくえ」でなんとなく違和感を覚えた。
惰性で何巻あたりまで読んでいたかはもう忘れたw



4150311021宿命の宝冠 (ハヤカワ文庫JA)
宵野 ゆめ 天狼プロダクション
早川書房 2013-03-08

by G-Tools


powered by 勝つーる



▼:薫×梓 電波定点観測所 146

1: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/05/27(水) 14:12:20 ID:QCjNkcDQ0

温帯こと、栗本薫中島梓を生温かくヲチしましょう!
プライベートへのツッコミは厳禁。スレの存在は他言無用のこと。
電波発信源および他のファンサイトは荒らさず、ヲチあるのみ。

※ヲチ対象は2009年5月26日にすい臓がんのため死去。享年56歳。

前スレ
▼:薫×梓 電波定点観測所 145
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/net/1240848451/
観測先
・あぐら坂(あぼーん済)
ttp://homepage2.nifty.com/kaguraclub/

*お引越しは>>980を目安に

■関連スレ
グイン・サーガ113【もうヒドス…の報告】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1242720023/
【天下】栗本@温帯【万敵】~ここは神楽坂28丁目
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1230831421/

■外部リンク
・温帯用語:基礎の基礎
(「温帯」「トマト」について手っ取り早く知りたい人はこちらを)
ttp://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Pochi/6593/tomato/kisokiso.htm
・早川書房ニュースリリース(葬儀は密葬にて行われる予定)
ttp://www.hayakawa-online.co.jp/news/detail_news.php?news_id=00000247



3: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/05/27(水) 14:47:30 ID:Qf/UxS4aO

乙です。とうとうXデーが来ちゃったね…。


4: 合掌 2009/05/27(水) 15:31:39 ID:IMVeTCrI0


>いまおか 2009年05月27日 00:29  
>私の奥さんの回復を祈ってくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。
>しかしながら、26日の夕刻、私の奥さんは他界してしまいました。
>いまは、これ以上なんと書いてよいかもわかりませんので、これで失礼させていただきます。

昼行灯のミクより


訃報ドットコム
http://fu-hou.com/

Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000057-maiall-ent

MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/090527/bks0905271113000-n1.htm

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20090527-OYT1T00389.htm

アサヒ・コム
http://www.asahi.com/obituaries/update/0527/TKY200905270111.html

6: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/05/27(水) 17:24:53 ID:0pbtYplH0

1乙。
ああ、もう最後のスレなんだね。とうとう最後だ。

本当に、すみよちゃんにお花の一本でも手向けたい。
大事にしてる芍薬がたくさん咲いてるから、あれでもいいかな。
楽しく踊ってくれてありがとう、すみよちゃん。また会おうな。


7: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/05/27(水) 17:26:09 ID:vQGp9m1h0

私もウォチ$としての温帯のご冥福をお祈りします。

ここのスレのみんなとも話せて楽しかったです。
どこかでまたお会いしましょう。さようなら。


597: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/06/02(火) 23:18:07 ID:gYPmGuuY0



-------------------
温帯 ( おんたい )
・ 偉大なる小説家、栗本薫先生の2chにおける呼び名。
「冗談でも御大などと呼びたくねえ!」ということでこのように呼ばれるようになったらしい。

トマト ( とまと )
・ 現在の「グインサーガ」に不満を持つ者たち。
語源・由来は、「腐ったトマト」を参照のこと。

腐ったトマト ( くさったとまと )
グイン・サーガへの批判意見を作者がこう形容した。
「腐ったトマトを投げて来る人達」
単なるいちゃもんからまっとうな批判まで、全てこの言葉で括られるのでとても便利(作者にとって)
・ 出典「グイン・サーガ79巻 ルノリアの奇跡(早川書房)」あとがき
ttp://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Pochi/6593/tomato/kisokiso.htm
------------------


599: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/06/02(火) 23:22:43 ID:c1/H8trJ0

>>597

号泣した…


604: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/06/02(火) 23:32:07 ID:IbtSlk2x0

>>597
富士鷹ジュビロが可哀想すぎる。


609: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/06/03(水) 00:16:26 ID:EVXzR0ww0

>>597
thx
赤鼻がトマトに見える


610: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/06/03(水) 00:40:55 ID:jXcJsvKu0

>>597
ジュビロ先生……(つД`)


612: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/06/03(水) 00:59:39 ID:70/hlj0U0

>>597
やはり、「すべて」の中に正史も含まれてるんだろうか…。


621: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/06/03(水) 09:07:42 ID:r+FqHz9y0

>>597
温帯の訃報にさえ安堵しか感じなかった自分だが
トマト返りを起こして涙したよ・・・


623: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/06/03(水) 09:28:57 ID:LTIkoVAv0

>>597
ウケルwww


【中古】B6コミック 燃えよペン【画】

価格:370円
(2013/11/11 21:40時点)




601: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/06/02(火) 23:28:49 ID:GionIYFy0

2006-10-6.html
でもまあ、ひとが目の前で飲んでいても、つられてどーっと
たくさん飲んでしまう、ということは
ずいぶんなくなってきたので、アルコールのハイリスクはかなり減ってきたとは思うんですけれどね。
タバコはもう10年以上前に全廃することに成功して、もともとたいして本当に吸っていなかったんで、
これはまあこれでよしとして、あとは結局運動ですかねえ。
「そんなに長生きしてどうしようというんだ」
と云われれば「私にはやりたいことがたくさんあるので」と明快に答える内容があると思うんですけれど。
「200巻だけではなく、『子供たちの話』までも書きたくなりましたから」と。300巻でも、
400巻でも、書けるだけ書きたい、ほかのものも書きたい、というかなり壮大な具体的な目的が
あるので、ボケるわけにも、倒れているわけにも、指が動かなくなるわけにもゆかないと思うので。

2007-5-10.html
 まあ100まで長生きしたいとは思いませんが、
「いままだ折り返し点」なんだったら、
元気であと30年くらいもいられればずいぶんたくさんのことが出来るだろうなとは思いますよ。
それは嬉しいことだし、まあ、そういう
「今持っているメリット」――つまりタバコ吸わないとか
お酒飲まないとか、血圧低いとか、そういうのはなるべく
維持しておくにこしたことはありませんね。
私は長生きよりもむしろ「健康でアタマが正常に動いて、機能が維持できてること」のほうが
気になります。いくら100歳まで生きていても、何もできないで寝たきり――は論外ですが、
小説の書けないからだやアタマで100歳まで生きたいとは思いません。ベストの状態で小説が
書ける状態でなければ、私にとっては「生きている」かいがないし、ついでにいうならちゃんと
ピアノも弾けて、出来ればどんどんうまくなるくらいのことは
出来てないとイヤだなあ。
(中略)
その状態の「余命」が20年、30年あるなら、
それは歓迎だけどね。それなら、300巻にだって
届くかもしれない(大爆)そのころにはきっと、
いろんなこまかいことも、昔苦しめられたことどもも
どうでもよくなって、きっと生きてるの、楽しいだろうなって
思うしねえ。


607: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/06/02(火) 23:49:29 ID:ZzM6rAPo0

>>601
2007年の5月って、実はもう体調に異変が出てたかもしれない
と思うと切ない


605: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/06/02(火) 23:36:52 ID:SyKY6c820

夫や信者に愛されても、温帯自身は結局本当の自分を愛せなかったように見える。

幼少時、ご母堂にかまってもらえなかった恨みも
忘れることができなかったし、
気の毒な人だったな。





4150311145グイン・サーガ・ワールド8 (ハヤカワ文庫JA)
栗本 薫 天狼プロダクション
早川書房 2013-06-06

by G-Tools


▼:薫×梓 電波定点観測所 147

970: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/21(火) 12:40:14 ID:nq9EBBUO0

「栗本薫さん、お別れの会」 関係者、ファンに見守られ

 生前の栗本薫さんの姿が掲げられた壇上には、
ファンから寄せられた全てのメッセージ、
またこれまでに発刊された全ての著作物が置かれた。
その著作物には1978年に中島梓名義で
発表されたデビュー作『文学の輪郭』、
栗本薫名義のデビュー作『ぼくらの時代』、
1979年の グイン・サーガ第1巻などが含まれる。
 巨大な山となったその著作群は、若くしてデビューし、
超人的なスピードであらゆるジャンルの
小説、文章を書き続けた栗本薫さんのパワフルさを示すものだ。また、会場では執筆活動と
平行した音楽活動での楽曲も演奏されるなど、
生前のマルチな活動を紹介するものとなった。

 嶋津氏の栗本薫さんへ捧げる曲「Tender Road To Heaven」の演奏の後に、夫である今岡清氏が
栗本薫さんの最後の様子を語った。
今岡
氏によれば、栗本薫さんは4月23日までグイン・サーガ
130巻を書き、4月29日には同127巻のあとがきを書きあげた。
 さらに、再び書き始めた闘病記の原稿は5月12日まで続いた。最後に残されたのは、「5月1  」
まで書かれ、その後は改行マークがずっと続いた原稿だという。今岡氏は、それが栗本薫さんの
意識がはっきりしなくなった5月17日だったのでないかと話す。

 最後の最後まで文章を書くことに情熱に傾けた、
栗本薫さんらしい話だ。まさにものを書くために
生まれたかのような人物だったと言える。
 今岡氏はいまの時代から見れば56歳は決して長くありませんが、幸せな一生だったのではと、
それを支えたファンと関係者にお礼を語った。
http://animeanime.jp/news/archives/2009/07/post_835.html


971: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/21(火) 14:10:39 ID:2Sz17WKM0

>今岡氏はいまの時代から見れば56歳は決して長くありませんが、幸せな一生だったのではと、

幸せな一生ってなんなのかと考えさせられる。
被害妄想と自己顕示欲のたれ流しで巻数だけ稼ぐこと?
ノムラサチヨもそうだが、この手の女の人は幸せなんだろうか
息子さんが結婚したら間違いなくヨメが苛められただろうから
長生きではなくてもこれでよかった気もする。


974: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/21(火) 16:32:06 ID:4MDWwLmX0

>今岡氏はいまの時代から見れば56歳は決して長くありませんが、幸せな一生だったのではと、

お前さんが不倫しなければ…と、ちょっと思うよw温帯とも、その後も。
ギリギリまで執筆してたのは素直にスゴイなと思うな。


975: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/21(火) 17:29:28 ID:tzN1UHOJ0

> 後に残されたのは、「5月1  」
> まで書かれ、その後は改行マークがずっと続いた原稿だという。
ネタでよくやるけど、シャレにならんなあ。


977: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/21(火) 19:08:00 ID:tSkgPtxa0

さとう時子という人のブログの弔問記
なんだか読んでよかった。
温帯を美化はできないし、する気もないけど、
人の人生は簡単には否定できない。

……温帯自身は、簡単に感情的に
あかん発言しすぎてたけどね。


978: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/21(火) 19:39:37 ID:S+fybHN30

そのブログ読むと昼行灯が純愛を貫いたかのように書かれてるな
栗本薫を駄目にした取り巻き連中の思考回路はすごいわ


979: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/21(火) 19:52:40 ID:2Sz17WKM0

>>978
自分もそう思ったw
信者ってありがたいもんだね。
その人のブログも温帯の匂いがするんだな。
普通の人は外部に洩らさないところまで平気で書き、自分は特別な存在よとアピるあたりが。


980: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/21(火) 20:27:03 ID:6zGB2Q5i0

温帯からスニと呼ばれて喜んでた人かな。
追悼本とか出しそうだよね。ヤオイで。


981: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/21(火) 21:12:02 ID:7Sw0HEeh0

>>980
温帯からスニと呼ばれて喜んでた人

取り巻きどころかペット扱いですか?
そう呼ばれて怒らない人しか温帯の信頼はもらえないのかー。
凡人には無理だ。


982: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/21(火) 21:22:47 ID:9/KF9Tn30

とりあえず自宅に帰ってみると家の中が大変な有様になっていた。苦しい体調の中、
それでも自力で生活していたのだから、片付けられないのも仕方ないよね。とにも
かくにも、これは片付けなければと片付けていたとき……いや、絆創膏がほしいな
と思って(リビングの一面の壁すべてがクローゼット(物いれ)になっている)そこを
あけて探していたら、絆創膏の箱が使いかけから未開封までゴロゴロと20個も出
てきた。その他にも、10年前の賞味期限のレトルトとか、何年も前の塩とか沢山
でてきた。やはり、普通の生活人としては壊れていたのだと思う。

金あるんだから、お手伝いさん雇ってもいいのに・・・

スニの人仲が良いんだかなんだか不思議な感じだけど、
あずささま」にはドン引きです。

スニが結婚したときに温帯が祝いあげようかといった品物がお手製だかの調味料
調味料って何ですか???? ラー油とか自家製かい?
結局、作る時間もなくてお祝いも貰ってないってさ。
本当に仲良かったら結婚お祝い贈らないなんて
そんなことあるわけないから、
よくわからん。ただの手下ファンってことかな。
温帯って気まぐれに調味料作ったりしてただけだから
ブーム過ぎるとやらない人だよね。
本当に家事好きの主婦だと年中行事がある程度決まっててローテーションでやることある今なら梅つけたりするよね。
梅ジュースとかな。


984: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/21(火) 21:53:30 ID:ryasjHwk0

田中芳樹を「おぢさん」「歳をとった」と書いてる一方で
あずささま」だからな。
メンタリティはスミヨと一緒だね。


997: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/21(火) 23:57:07 ID:xZYjfaZu0

信者の一部の勘違な人達って自分が特に親しいって思い込んでてすごい
自分より親しい人は認めない、実はあずささまは嫌がってるのよ
くらいの勢い


998: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/22(水) 00:05:13 ID:39IcZaCb0

あずささま」は中庭の伝統です。使わない人は数%って感じ。
だから取り巻き経由で中庭に入ると否応なくそうなっちゃう
gkbrでした。


999: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/22(水) 00:12:58 ID:oU6BcB/a0

あずささま」って呼ばれて嬉しがる人なら
呼ばないとしょうがないよね。




▼:薫×梓 電波定点観測所 148

ガン病棟のピーターラビット [ 中島梓 ]


感想(12件)




11: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/22(水) 06:54:16 ID:avWNmgkt0

身体の痒みは母親のせいにしておいて、黄疸が出たら旦那にブチ切れてたのか。
定期検診行ってて切れるならわかるけどなー。
旦那だってガン検診受けろって言ってただろうに。


14: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/22(水) 08:06:24 ID:H9cap6mO0

あちきってどういう人?
温帯の友人か理解者を気取るなら禁治産者といわれて前マネージャーさんにブチ切れていた
温帯の実体にあたるそんなこと暴露しないはずだし、
昼行灯の聞き役と理解者っていうにはいちいち偉そう。
D君に対しては先輩面と恩人面。
旅行にも同行したみたいだし、信者の幹部なんだろうか。


15: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/22(水) 08:09:11 ID:r6+qvsnCO

>>14
ローデスサーガの原案者



30: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/22(水) 15:16:32 ID:hGSd9yuF0

本人がお亡くなりになった後、善意の身内がちょっといい話のつもりで
恥ずかしい内情をバラしてしまうって事は
ママあることだ。気の毒に。


32: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/22(水) 16:04:26 ID:qyUB9mO90

ちょっといい話なのですかのう・・・・

そういえば、昼行灯ってたかが1年くらい遅くまで飲むのやめてたくらいで 奥さん孝行したとか凄い自慢げなのがビクリしました。

温帯との生活をそのまま書いたら誤解されるみたいに書いているけど、
誤解するよりも飽きれるだと思うけど、
王様のいいなりの家来旦那の仕事もしないで
素敵な自由生活を読んでみたいな~


33: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/22(水) 16:11:37 ID:qyUB9mO90

結局、胆管がつまったがための黄疸であり、そのつまらせていたのが癌であった。
今岡さんはその黄疸がわかった日にライブがあり、その後打ち上げなどでかなり遅くまで飲まれて帰宅したそうだ。するとあずささまが「わたしがこんなに大変なときに、こんなに遅く帰ってきて!!!」と爆発。きけば黄疸であるという。
それをきいて、今岡さんは
「ああ、ほんとうに奥さんを大切にしなければ」と思ったそうだ。
それ以降、飲みに出ることをやめ、ライブのあともそのまま帰宅し、なるべく家にいるようにした。結局、二年間それが続いたのだが、それを振り返り、「奥さんを大切にしてあげれたなぁ。」と思ったそうである。


あ、ご免2年だった。
でも、昼行灯は、看病ってものをまったくしてないんだね。
全然看病をしない旦那さんってのもある意味立派だけどさ。
ライブ自由にやって家に帰ってたくらいが
素晴らしい奥さん孝行ですって評価もらえる旦那って気楽で良いよね。


44: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/22(水) 18:15:51 ID:q4q4msdl0

gurume6-23.htm
このところの野菜フェチ昂進は、明らかに
「塩ブーム」のせいでね。
「いい塩」とか「面白い塩」がいろいろ登場してきまして、
面白がって死海の塩、
岩塩、焼き塩、海女の藻塩ってやつ、とか
いろいろ揃えていたら、
だんだん病膏肓になってしまった。ことにちょいと「おおッ」だったのは、
「トマト風味の岩塩」ていう奇怪なしろものを見つけたからで、こいつをふりかけて
食べるとゆでただけのお野菜がなんともいわれぬふしぎな味わいになる(笑)

2003-4-11.htm
砂糖は以前から三温糖ですけど、
しょうゆは特選の丸大豆しょうゆ、塩も辰巳芳子さん
ご推薦の「粟国の塩」というのに変えたんですよ、それまでは「赤穂の天塩」だったんですけど。
日常使う食卓塩はアルペンザルツの岩塩と死海の塩ってのの
2本立て。

2004-7-20.htm
考えてみたら塩ももう、これは「減塩塩」ではないですけど、「リアルソルト」とか
「粟国の塩」とか「ゲランドの塩」などといった
「いい塩」しか、これはもう料理にも
野菜なんかにつけるのにも、それしか使っていないので、
もうごくふつうの精製塩を
食べたらきっと「やみくもに塩の味しかしない」と感じるだろうと思います。

2001-7-8.htm
まあうちのお母さんというのはなんと申しましょうか、
きっつい人というか、わりと悪口
よくいう人っていうか、ひとを評価しないというか
――ああ、シンラツ、というのかな。
まあわりとそういうところがあるんですけど、そのうちの母と、あとマネージャーさんがね、
最初に見に来たときに、同じことを云ったんですね。
「いやあ、キレイになったねえ」と
まずはほめてはくれるんですが、
また「前とは見違えるよう」とも認めてくれたんですが、
そのあとで、「いつまでこのキレイなままでいるか」っていう
ことをですね。これは、
そのときはちょっとかちんときただけだったんだけど、
あとになってからだんだんひっかかってきて、
「ああ、こういうことって、ひとにいうものじゃないな」と
思ったですね。まあ母もマネージャーも
一番、うちが前にすごい汚かったのをよく見てるわけなんで、
思わず口をついて出ちゃうひとこと、
なんでしょうけど、あれはかちんときますね。


45: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/22(水) 18:18:17 ID:q4q4msdl0

2002-8-27.htm
 リフォームしてから、洋服もしまう場所ができたので、まめに片づけていたのでとてもキレイ
だったのですが、この1ヶ月は、さすがに、帰ってきて、
ぬいで、いったん風を通して、
朝になるともう、それをきちんとあった場所にいちいち
片づける、という気力がなくなって
しまっていて、クロゼットの一部にほとんどこの1ヶ月に着た
洋服全部がつみあげてあるという
状態になってしまったり、それも同じ仕事にゆくのですから、
同じタイプの服しか着ないから
「いいや、またどうせ着るとき出すんだから」というので
出しっぱなしになってしまう。
そのあいだにやったいろいろな仕事や読みさした本なども
そのまま積み上げられてしまう。
花は枯れてもう新しいのを補充するゆとりもないから造花で代用してから久しく、冷蔵庫も、
とにかくお弁当とか持ってゆくのに、毎日買いにゆく余裕がないから買いだめしておいて、
しかし意外と使わないものなんですね。
でも特定のものはなくなるから(納豆とかね(爆))
なんとか時間作ってまた買物にゆくと
「たまのことだから」というので、「また来られないから」
というのでたくさんいらんものまで買ってしまって、
冷蔵庫はまたぎちぎち、あけてみるとしかも、
買ったのをすっかり忘れていた前のものがちゃんと、
いたみもせずに、あるいはいたみかけて
あったりして、「ああああ」ってことになり、
「まあいい、使えばいいんだ」ってことになって――
結局なかなか使い切れなくなってしまったり。

2004-2-6.htm
一応掃除もしているはずだし、
きのうは台所の床だって拭いたのに、なんとなく、
食卓の上にいろいろなものがずっと
出しっぱなしになっています。事務所から
届いた本も片づけ場所を探すのがおっくうなまま出しっぱなしになってピアノの
椅子の上に積み上げられ、ピアノをひくときにはまずそいつを食卓の上に
仮に移動させ、食事のときにはまたそいつをピアノのところに
移動させ、などという
状態になっています。思い切ってちゃんと本棚をちょっと
片づけて入る場所を決めてしまえば
いいのですが、そのちょっとした動きが
おっくうになっています。


48: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/22(水) 19:58:52 ID:hGSd9yuF0

開けたばっかの奴使い切らないうちに他の種類にどんどん目移りして、
使わなくなったやつをどんどんリビングに移したんじゃないの?
で、そのまま封印。塩ブーム終了。



49: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/22(水) 21:33:04 ID:FKNVXt9+0

ミステリを久しぶりに買って帰ったら、
巻末に温帯の解説が鎮座していた。
有名どころは避けて通ったのにまさかの遭遇。
こういう地雷、あとどれくらい本屋に埋まっているのだろう。


82: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/23(木) 23:59:46 ID:2qp79YRC0

>>49
数年前に星新一の文庫読んでたら解説が温帯でorzとなった。
やっぱり大半が自分語りだった。どこでも自分語りなのに、何で出版社は頼むんだろうな…。


50: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/22(水) 21:36:38 ID:9iRpeOww0

温帯解説本のリストとか温帯の解説だけを集めた本とか希望してみるか。


65: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/23(木) 12:59:04 ID:iz1HxVCT0

>>50
あるある。
鬼平の文庫本を読み進んでいったら何巻目かで温帯の解説にブチ当たって
めまいがした。


67: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/23(木) 17:44:14 ID:ZbC5pIdO0

2005-3-9.htm
本当に、買え買え、もっと買え、もっとたくさん買え、これを買ったらあれも買って、
それもあったら前のを捨ててこっちを買えってけしかけつづける方向に社会が走ってきて、
なんだか本当に何かが狂ってしまったんですねえ。

05-11-5ts.htm
 買えっていわれても動じない人間なら
云われてもハラはたたないと思うので、結局、
「本当は欲しい」からハラがたつんですよ。
買えば、お金は苦しくなるし、置き場所はないし、
いりもしないものがどんどんたまってって
うちのなかはごみためになる。でもそんなのあっちは
まったく責任とってくれない。買ったやつが悪いんです、DMにのっかって。でもこちらは
意志が弱いんだから、いいもの欲しいもの見せられたら
欲しくなる。でもその結果は
わかってるから、我慢するか、我慢できなくて買って
お金なくなったり置き場に困ったりするか、
「買え買えっていってこなけりゃ、何もこんなこと起きないのに」ってのはさかうらみかも
しれませんけど、でも真実です。
売り手がなければ買い手もないんですから。うううう、
やっぱり、DM、嫌い。なんかほんとに嫌い。DMのない世界にゆきたい。ホント。

2006-11-26.html
これから年末の大掃除にかけていよいよまた
「家庭内ダイエット」が重大問題になって
きそうですねえ。「環境ダイエット」といいますかねえ。
とにかくなんだってこうものが
あるのか、そりゃ自分が買ったからなんだけれども、
捨てるに捨てられず、捨てたらまた
「すきまがあいた」っていって新しいのを買ってしまいそうだし――それがいまの日本社会の
すがたなんだろうなあ。いや、もちろん
「自分はそうじゃない、一緒にするな」っていう
立派な人には、「あなたのことは云ってないです、すみません」っていいますけど、社会全体が
「金つかえ、買え、もっと買え」って叫んでることには
何の違いもない。甘いうまそうな
ケーキの写真をひっきりなしにみせられ、
「買え買え。食え食え」っていわれながらお医者からは
「節食、節制、ダイエット」っていわれ続けてる糖尿病患者、
みたいなもんですよね。いまの私たちって。



70: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/23(木) 18:41:41 ID:z1ngifir0

あぐらで書いてなかったっけ?
亡くなった実家のお手伝いさんが下着だかなんだかをたくさん買い込んで
いたのを死後発見して。「使い(使え)もしないものをどうしてこんなに
たくさん買い込んでおくのか?これだから××は…(ry」って。

自分も同じようなことやっていたのにもかかわらず、あの発言とは。
まさに「お前モナー」だったのかと、心底びっくりした。


72: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/23(木) 19:27:50 ID:ZbC5pIdO0

2006-1-7.htm
なんだそうだったのか――結局
「食べちゃえばよかった」んですね。どんどん使ってしまえば
よかったんだ。でもって、「使わない分」は蓄えない。
むろんまあ、酒とかしょうゆとか、
いざ切れたら難儀するものの買い置きくらいは
あってもいいけど、いらんものをどんどん
買ってしまわない。前のがなくなってから買えばいい。
たったそれだけのこと。

 それだけのことがうちの亡くなったお手伝いさんには
永久にわかりませんでした。戦災孤児で
苦労したせいもあったんでしょうが、とにかく何もかも「安い」といっては買って来、
「セールしてた」といっては買ってきて、亡くなったときあけてみたら手のついてないぱんつが
40枚もあったり、しつけのついたままの安い着物が
何枚もあったり、石油ショックのときには
あとからあとからトイレットペーパーを買い込んで奥の部屋2つがトイレットペーパーで
いっぱいになり、そのあと「一生買う必要がない」と
母がいうくらいになったり、ゆくと
「トイレットペーパー持ってゆけ」といって巨大なひと袋を
おしつけられたりしました。
亡くなった人にそういうことをいうのも気の毒ですが、そういう愚かな生き方はもうしたくないと思う。
結局、その新品の下着だの、着なかった着物だの、いりもしない安い食器だのはみな捨てられて
しまったのですから。それが「ある」というのが、戦争で孤児になった彼女の安心感だったのかも
しれないけれど、
私はそういう生き方はしたくない、と思います。
ものにうもれて、いらないものにおしつぶされて。


74: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/23(木) 20:50:34 ID:W4SkX0Et0

>>72
すがすがしいほど見事に、自分にブーメラン、お前が言うな、ですね。



77: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/23(木) 21:29:52 ID:K8/Nb5Ql0

相変わらず自分ageのために、人をsageてるね
そんな温帯あちきレーターにごみ屋敷の実情をレポートされて、
因果は巡るだわ


88: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 02:32:50 ID:8XnKLKo50

>>77
すいません。あちきレーターごみ屋敷実情レポートを読みたいんですが
ググっても出ません。ヒントだけでももらえませんか。


78: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/23(木) 22:40:27 ID:P6c3tQQj0

あちきレーターって本当に温帯と親しかったのかちと疑問。
なんたらいう役者達と一緒で
一時的にはハネムーン状態だったんだろうが。
本当に最後まで親しかったら相手やその家族のプライバシーを晒すような真似はしないだろう。
内容的にも故人を貶めるようなものになってるし。


81: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/23(木) 23:53:21 ID:68TKMF6AO

>>78
媚びるしか能が無いんでしょ
媚びる相手が死んだから用が無くなったようにしか見えない
その上、温帯が死んでもそのネームバリューで自分を売ろうとする
浅ましさ付き


85: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 00:04:42 ID:zSWPMcPL0

>>78
そもそもヒモ行灯の「僕ってイイヤツ」トークがおかしい。
まずそこから、ピントがずれてる。

既出だけど掃除や整理整頓ぐらい、
ヒモもしくはお手伝いさんを頼んでやれって。
温帯がイヤがっても、見つからないようにこそっとやっとけ。

まったく馬鹿じゃなかろか、イイ年をして。


87: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 00:25:41 ID:FrYT9Ikm0

>>78
> プライバシーを晒すような真似
> 内容的にも故人を貶めるようなものになってる

温帯の住み込みのお手伝いさんに関する記述まんまじゃん
類友なんだろ


83: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 00:01:11 ID:783ydkq40

ヒモやあちきにとっちゃ温帯の小説は「ずーっと素晴らしかった」わけで
素晴らしい小説を書くために一般人としての生活まで犠牲にしていた
あずささま(涙)に見えてる。
だから汚部屋エピは故人の恥を公開したのではなく彼らにとっては
美談なんでそ。


89: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 07:02:45 ID:X99vnB6E0

今読み直そうとしたら、見当たらなくなってる。
今岡家弔問が長々とあったはずなのに…。
もしかして削除されたか?


91: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 09:49:02 ID:+5YYtIuJ0

>>89
ホントだ!なくなってる。
ここを本人もしくは友人が見てたってことだね。

忙しかったから後で読もうと読んでなかったよ…。
誰か全文保存してたりしないよね(爆)


90: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 09:48:45 ID:huJ9ecTM0

>結局、胆管がつまったがための黄疸であり、そのつまらせていたのが癌であった。
>今岡さんはその黄胆がわかった日にライブがあり、その後打ち上げなどでかなり遅くまで飲まれて帰宅したそうだ。
>するとあずささまが「わたしがこんなに
>大変なときに、こんなに遅く帰ってきて!!!」と爆発。きけば黄疸であるという。
>それをきいて、今岡さんは「ああ、ほんとうに奥さんを大切にしなければ」と思ったそうだ。

内輪の話にとどめておくべき末期の苦しい様子やゴミ屋敷レポートもそうだけど、この 
>~!!!」と爆発。 
ここの表現に自分は引っかかった。
もとはmixiで公開していた記事だそうだけど、
都合が悪くなったらすぐ削除するって…
温帯を尊敬していると言いながら、ゴミ屋敷やヒステリックなばばあの
印象を言い触らしてるあちきさんってどういう人?


97: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 12:56:54 ID:cJ25trxU0

>>90
その部分は闘病記でも注意深く避けてるみたいだったのに
暴露されちゃったね。

温帯
自身は昼行灯
うちの旦那さんは世にもまめな、世にもやさしい奥さん思いの夫。
ああ、自分を愛してくれるんだな
」と終始褒めたたえていたのに。

スニ
の人の弔問記が
温帯の最期の様子や温帯一家の真実を一番克明に書いてる印象だった。
温帯スニの人に「スニは基本が賢く正しい子だから」と言ってたらしいけど迂闊な人っぽい。
つか「基本が」ってなんか表面は賢くなさそうってことなのかな。


98: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 13:17:13 ID:hdLkoXbS0

>>97
温帯の「賢く正しい」は「アテクシに服従する」って意味だから。


92: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 10:00:46 ID:+5YYtIuJ0

連投ごめん。
mixiからも日記削除してるのか、
友人までしか閲覧できないようになってるみたい。
温帯の葬儀に突撃した奴がいるという怒りの日記(6/3)しか
日記無いよ。
でも、その突撃って何だろうね?
トマトが密葬に紛れ込んで、
様子を自分のブログにでも書いたらしいんだけど。


94: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 10:10:36 ID:huJ9ecTM0

>>92
自分こそ同じことかもっとひどいことをしてるじゃないかと誰か言ってやってよ

故人だけでなく一般の人ならば誰でも知られたくないような
見苦しい内情を
平気で書き連ねてあったよ
それをふくめて素晴らしい人だったと言い訳してたけど、故人の意志はまったく尊重されてなかった
ローデスサーガの設定集を作る気だそうだ。
弔問記もそうだけど、売名行為においても故人の意志は
ガン無視なんだね。


99: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 17:02:07 ID:+4XlhBll0

スニ並にかしこいという意味では。
アイー!
姫様そのとおりよ!


101: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 18:04:15 ID:hdLkoXbS0

数年前、このスレで「温帯が描写してる今岡家と実際の今岡家には
ズレがあるんじゃないか
」みたいな事言ってる人がいて、
自分もうっすらそうかもしれないと思っていたけど
本当にそうだったという事が分かった。


103: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 18:52:59 ID:tG5rcS2Y0

>>101
大体温帯が描写してた温帯本人がズレというか真逆だったんだから
おして知るべしだよね。
願望を書きつのってたんだろうなと思うとほんと哀れだ。



  今岡家の場合は―私たちの結婚 /中島梓 今岡清



104: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 19:31:19 ID:Gmk+KAEl0

お、削除されちゃったのかあ、あるかもしれんが
全部一度にアップできないと思う。
細切れでアップするよ


105: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 19:35:44 ID:Gmk+KAEl0

【栗本薫/中島梓 先生 追悼】
2009-05-27 Wed 12:48

栗本薫さん死去
逝去の報に動揺もしているのでとりとめもなく書く事を
お許しください。

昨日の夕刻。
あずささまが亡くなられたそうだ。
(あずささまとは、栗本薫/中島梓 先生のこと)
中学生のときにグインサーガと出会い、
多大な影響をわたしにもたらしてくれた。
そして20代の時にニフティの天狼パティオに書き込んで、
あずささまとの交 流が始まり、ものすごい幸福なことに、あずささまの小説の絵をお仕事として描かせていただいたりした。
天狼パティオでお話しているうちに、
わたしが大好きだったケイロニアの
ローデス候、黒衣のロベルトの話がどんどん膨らんでローデスサーガが誕生 したこと(あずささまが「この作品には栗本薫という母と、さとう時子という 父がいるとおっしゃっていただいたこと」)は、わたしの人生の宝のひとつだ。
本当に色々と可愛がっていただいて、今も思い出す。
創作とは、小説とは、人間とは……、たくさんのことを折々に「スニ、スニ
(わたしの天パテでのハンドルであり、あずささまはわたしをいつもこう呼んだ)」
と云いながらわたしに話してくださった。
金沢へ家族旅行にもかかわらず、一緒に連れていってくださったこと。
その時に、金沢の街をあるきまわりながら、グインを書くときの話をしてくださったこと。



106: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 19:37:11 ID:Gmk+KAEl0

祇園祭の京都にも一緒に旅した。
沖縄旅行では洞窟内をふたりで歩きながら「このまえグインが洞窟の中をたどっていくシーンを書いたばかりなの。」と話していたこと。
何度か自宅に泊めていただいたこともあった。
あずささまの書斎に布団をひいて寝ながら「うわぁ、ここであの物語たちが生まれるのだなぁ」としみじみファンとしては贅沢な感慨にふけったこと。
一緒にあずささまおすすめの納豆(にいろいろまぜまぜ)朝ごはんを食べたこと。
ご馳走になってばかりじゃいかんから、なんかお手伝いしますよと、食器を洗っていたら「スニや、うちにお嫁にくるかい?」「それは*ちゃん(息子さんのこと)可哀想っす」と冗談をいって笑ったこと。
結婚のご報告をしたら本当に喜んでくださったこと。
「結婚祝いはなにがいい?手作りの調味料なんかどうだい」といってくださったが、
互いに忙しくて実現しなかった。


107: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 19:39:37 ID:Gmk+KAEl0

ムスメを産んだときも本当によろこんでくださった。
「スニはいくつになるんだい?」ときかれて、答えたら。
「おひょー、スニも歳をとるのだな」と笑っていたこと。
あずささまにとってはわたしは出会った頃の20代の小娘のままらしい。
お会いする時はいつも描いた絵を持参したな。
わたしの好きな音楽をMDにいれてもってったりもした。
喜んでくださった。
お会いできないときは絵をFAX(しょっちゅうしてたなぁ)したりしてた。
楽しみにしてくださったようで、わたしの絵をファイルにまとめてくれていたようだ。「ファイルが分厚くなってはいらなくなってきたよ」と笑っていたっけ。
最近とんとご無沙汰になってしまって、ご病気で気も滅入っちゃうだろうからと元気づけに描いた絵をプリントしてお送りした。その時、メールをいただいたのが最後になってしまった。
モノノ怪のアンソロ画集ができたら、またお送りしますと云ったのに。
あと、もうちょっとだったのに。
あずささまは待ってくれなかった。
グインのアニメ化記念で絵かこうと思っていたのに、追悼絵になってしまうなんて。
あずささまが絵をみてくれなくなるなんて、
なんて寂しいんだろう。
「また、お食事したいねぇ。あそびたいねぇ」と
おっしゃってくださっていたのに。
ムスメもだんだん手がはなれていって、もうちょっとしたら、
遊べますから、また遊んでやってくださいと云ったのに。
もうあずささまがいないなんて…………。
あずささま酷いじゃないか。「まだ地球もすてたもんじゃないですよ。宇宙へ飛んでっちゃだめですぜ」って云ったのに。こんなに早く飛んでいってしまうなんて。


108: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 19:40:53 ID:Gmk+KAEl0

あずささま酷いじゃないか。「まだ地球もすてたもんじゃないですよ。宇宙へ飛んでっちゃだめですぜ」って云ったのに。こんなに早く飛んでいってしまうなんて。
地上にとりのこされたスニはどうしたらいいんだろう。
寂しいです。
グインサーガが未完でおわってしまって、あずささまも心残りだろう。いっぱいいっぱい書きたいこと、やりたいことあったであろうに悔しいだろう。
わたしも悔しいです。
ローデスサーガも未完のままおわってしまう。
あの北の大地の物語はまだ生きているのに……。

ああ、本当に切実にあずささまとお話したい。
いっぱいいっぱいお話したい。
「おー、スニ~」といつものようにハグしてもらいたい。
あずささまは本当にチャーミングで優しい人でしたよ。
巷で色々いわれているのを見るたびに
「実際はそんな人じゃないのにね」と思ってた。
わたしにとっては(恐れ多いが)本当に素敵な歳のはなれたお友達であり、時として母のようであり、師のようであった人でした。
ああ、人生ってこんなむごいこともしてくれるんだ。
ご冥福を……なんていいたくないほどに、
泣くこともできないほどに寂しいし悲しいです。


109: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 19:42:45 ID:Gmk+KAEl0

【弔問記】青空の下、彼女に会いに行く01
2009-07-21 Tue 12:10

お別れの会も終わったので、mixiにのっけていた弔問の時の話もこちらにのせておきます。
6/7日曜日。今岡さんのご厚意により、
あずささま(栗本薫/中島梓 先生)に会いに行きました。
あずささまが亡くなってから、ずっと雨続きで、「雨飽きた~」などと梅雨にもはいっていないのにボヤいていたのだけれど、日曜日はとにかくドガンと晴天・真夏日、そういえばあずささまは強力な晴れ女なんだったわと「やりすぎっす~」とツッコミいれつつご自宅の玄関のチャイムを押した。

自分は以前からあまり人前で泣かない奴だったので、亡くなってから少し時間も経過していることから、けっこう平静でいられるのではないかと思っていた。
でも、今岡さんがドアをあけて出て来てくださった…その姿を見た瞬間にグっとこみあげてしまった。でも、玄関先で泣いたら迷惑なのでそこはググっとこらえ中へ。
よく見知った廊下を抜けるとリビングがひらけ、目の前に黒塗りの祭壇が設えてあった。
祭壇の最上段中央にご位牌、むかって左側に最近のグインの著者近影にもつかわれていた写真が遺影としてあった。そして、右側にちんまりと箱にはいってしまったあずささまがいた。
そこでもう泣きそうっつーか半泣きでしたが、やはり人前で大泣きできない人間なので、グズグズ涙目鼻啜りながらもこらえてしまった。
生前、楽しみにしていてくれていたアンソロ画集と先日描いたロベルトさん (ケイロニア選帝侯)絵(絵葉書にプリントしたもの)をそなえて、お線香あげさせてもらった。
いっぱいいっぱい話したかったけど、なんだか変なペテンにかかっているような気分になってきて、グルグルととりとめのないことばかり話しかけてしまった気がする。


110: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 19:44:04 ID:Gmk+KAEl0

それから翔ちゃん(あずささまの付き人)もまじえ、今岡さんとじっくりたくさんたくさんお話しさせていただいた。
今岡さんも「ぼく、グインサーガの登場人物みたいにいっぱい喋ってる。 こんなにたくさん話すなんて久しぶりだね」と
おっしゃりながら。
「でも、グインサーガのセリフは長いなんて云われるけど。普通に話していると人ってあんくらいは話すよね」と笑いあった。
グインの登場人物は小説の駒ではなく、ほんとうにあの世界で
生きているのだなぁとしみじみ思ったり……。

病状がすすんでいく様子も詳しく伺った。
あずささまの身体はもう4月のライブの前の段階で治る見込みがないとされていたようだ。
それでもライブをやり長編を書いている。
これほどまでに「なにかをやりたい」という気持ちを強くもっている人でなければ2月の段階でもう折れてしまっていただろう。
4月のおわりには例えるならば、もうパンパンに膨らみきった紙袋のようにはちきれんばかりになってしまっていたのではないか。
だから5月にはいると、
もうドっと紙袋が崩れてしまったのだろう……。

最期の入院の前には、腹水がもう胸まであがり、全速力でマラソンをした直後のような荒い呼吸をゼェゼェと常にしなければならなくなって、気道がヒューヒューいって、本当につらそうだった。ただ、入院して酸素マスクとモルヒネを投与するようになってだいぶ楽になったようだ。
普段の生活の時からも痛み止めは常に服用するようになっていて、服用しないと痛みでどうしようもなかったようだ。ただ、痛み止めの影響で呂律がまわらなくなってしまってもいた。
そういう呂律の回らない状態からウツラウツラとしたり、そのうつらうつらとしている状態が長くなり、病院側から19日から意識がなくなるであろうと告げられていたが20日までは簡単な受け答えはかろろうじて(翔さんや今岡さんが話しかけると「うんうん」と答える程度には)できていたようだ。
だから、今岡さんはあずささまとほとんど最期の会話などはせずに見送ったそうだ。


111: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 19:45:23 ID:Gmk+KAEl0

はじめの癌がわかったキッカケとなった黄疸が出たとき。
全身があちこちとにかく痒いという症状になやまされ、
「なにかしら?心因性のアトピーかな」

などと薬をのんだりしていたが、鏡をみたら白目が黄色いことに気づき病院へ……。
結局、胆管がつまったがための黄疸であり、そのつまらせていたのが癌であった。

今岡さんはその黄疸がわかった日にライブがあり、その後打ち上げなどでかなり遅くまで飲まれて帰宅したそうだ。するとあずささまが「わたしがこんなに大変なときに、こんなに遅く帰ってきて!!!」と爆発。きけば黄疸であるという。
それをきいて、今岡さんは「ああ、ほんとうに奥さんを大切にしなければ」 と思ったそうだ。

それ以降、飲みに出ることをやめ、ライブのあともそのまま帰宅し、なるべく家にいるようにした。結局、二年間それが続いたのだが、それを振り返り、「奥さんを大切にしてあげれたなぁ。」と思ったそうである。


112: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 19:46:34 ID:Gmk+KAEl0

とにかく規格外の人と生活してきたわけなのだけど……今岡さんは云う。

「ぼくは退院したけど、奥さんが入院しているのですぐにそちらにいかねばならない。とりあえず自宅に帰ってみると家の中が大変な有様になっていた。
苦しい体調の中、それでも自力で生活していたのだから、片付けられないのも仕方ないよね。とにもかくにも、これは片付けなければと片付けていたとき……いや、絆創膏がほしいなと思って(リビングの一面の壁すべてがクローゼット(物いれ)になっている)そこをあけて探していたら、絆創膏の箱が使いかけから未開封までゴロゴロと20個も出てきた。その他にも、10年前の賞味期限のレトルトとか、何年も前の塩とか沢山でてきた。やはり、普通の生活人としては壊れていたのだと思う。普通だったらそれを見て 『ああ、しょうがない困った人だなぁ』と思うのだろうけど、ぼくはその時……」
今岡さんはそこまで云うとグッと息をつめて顔をクシャリ、大粒の涙をこぼした。
「ぼくはそのとき。ああ、ぼくはこの人のそういう困った壊れたところをふくめて好きだったのだなと思ったんだよね」
なんと凄いことだろう。なんて素敵なことだろう。
ああ、今岡さんは本当にあずささまのことを愛してらしたんだ。


113: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 19:47:23 ID:Gmk+KAEl0

でもなんだかちょっとわかる気がする。以前、私は『あずささまとあちきは、ただのものかきっことお絵描きっこで、おててつないでワーイワーイとなっていた子どものようだった。その繋いだ手の感触だけでつうじあえたかのようだった』と書いたことがある。あずささまの根底には確実にちいさな女の子がいたし、色々な物事に対応するあずさまがそれぞれにいて、それらは普通の人のように交じり合うことなく存在していた気がする。とにかく規格外の人であったのは確かだ。ところどころ、やはりこれは壊れているのだろうなと思うところもあったけど、でも、それでも、私はそんなものひっくるめたあずささまが大好きだった。それら全ての総体があずささまであった。
そうでなかったらそれはあずささまではなかった。


114: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 19:49:25 ID:Gmk+KAEl0

「本当はこんな不思議な人との生活を本にかいてみたくもあるのだけどね。」

今岡さんは云う。

「だけど、客観的に説明して書ける自信がないんだ。(あちきが「客観的でなくてもいいのでは?」と云ったら)でもね。そうすると下手するとぼくが奥さんの悪口を延々と書いている本になりかねない(笑)こういう規格外のことってのを文章でみんながわかってくれるか自信がないんだ。」

たしかに、ひとつの本にしてしまったら、それはもう今岡さんの手から離れて一人歩きをする。いまおかさんとあずささまだけの愛情関係でなくなり、それらが世間の荒波にさらされ一葉の草舟が翻弄されるが如きになってしまう。それらを乗り越えて漕ぎわけていけるだろうかという不安が今岡さんにはあるのだと思う。それは、こと最近の規格外のものに対してそれが存在することを許さない社会のありようを感じているからだという。

「本当に最近は自由にみえて、規格外のものを排除しようとする。そういう存在をゆるさない傾向がある。だから公園で全裸になっただけであの騒ぎになってしまったりする(笑)ヤオイなんかもそうだよね。奥さんがかつて本当に規格外のものを書いた。それからヤオイがどっと市民権を得て書店に並んでしまう。以前だったら狂気の沙汰だったよね。だけど、そうやって市民権を得たときにそれは規格内のものになってしまった。だからヤオイですらも規格外のものを許さないようになってしまった。」


115: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 19:50:13 ID:Gmk+KAEl0

社会はまた変容するのだろうか。
時間が経つことで、今岡さんもあずささまとの日々を描くことができるようになるのであろうか。
私が日にち薬という言葉があるように、時間が経過することで書けるようになるかもしれませんね……と云うと、今岡さんは少し遠くを見るような顔つきになった。
「時間が経過することでぼくがその規格外のことを感じ取れなくなっていたら嫌だと思う。また、時間がたつことで、かつてのそれらのことが奇妙な思い出になってしまったら……それは生活人としては楽なことかもしれないが、それはぼくは嫌なんだ。」
そうか。
やはり、これは今岡さんとあずささまの物語なのかもしれない。
なにものの介入も許さない、彼らにしかわからない交感。
世の中はとかく、わかりやすいストーリーを欲しがる、あずささまの死に際し、週刊誌・女性自身の記者が勝手につくりあげたストーリーだってその一例だろう。けれども、今岡さんとあずささまの関係は愛情は交感は、わかりやすいストーリーになってはいけないのだ。誰人にもわからない幸福。それが存在したっていいのだと私は思う。

つづく>>>


116: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 19:51:24 ID:Gmk+KAEl0

【弔問記】青空の下、彼女に会いに行く02
2009-07-21 Tue 12:12

つづきます。
私がお邪魔している間に、大介さん(息子さん)が顔をだしてくれて、私を見て懐かしそうに嬉しそうに近づいてきてくれた。
私が彼と直接対面したのは大介さんがまだ高校生の頃だと思う。
あずささまのバースデーライブに来ていたのだ。
ライブからの帰路、雨の中をなんじゃらかんじゃらと話したのが会話した初めてだったと記憶している。
私にとっては初めてお会いした時や、金沢旅行にご一緒させていただいた時の高校生の印象ばかりが強く、それから時々顔をあわせても、やっぱりそのイメージは払拭できずにいた。でも、その日会った大介さんはある意味あの時のままなのだが、当然大人になっていた。大介さんは大介さんなのだけど、
「ああ、大人になったなぁ」とじんわり思った。
最愛のお母さまを亡くされて本当に悲しいであろうに、やはり今岡家の息子さんらしく淡々と静かに穏やかに私と茶卓をかこんでくれる。私の持参した画集を眺め、元ネタのコミックを(正確にはアニメをコミカライズしたもの。私があずささまに差し上げていた)生前あずささまが読んでくれていたこと。自分も最初だけ読んだことを話してくれた。
そうかぁ、あずささま。私の送りつけたマンガ読んでくれてたのだな……と、目に浮かぶようでもあり、なんだか申し訳ないような気にもなった。


118: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 20:05:16 ID:Gmk+KAEl0

印象的だったのは、
私がローデスサーガの設定集を作りたいと語ると、
「それは面白そうです。見てみたい」と手を叩かんばかりに賛同し喜んでくれたこと。そして、世界(設定)を創っていくうちにもそこからパっと化学変化するように物語が生まれるあの瞬間が
たまらないのだという私の言葉に
「そう、そうですよね!」と最高に瞳を輝かせた姿。
ああ、やはりきみは栗本薫/中島梓の息子なのだ……としみじみと感動したことだろうか。

「私は絵を描くたびに一生寂しく思うだろう。たまらなく寂しくポッカリとあいた穴をおもうだろう。それは完全に癒されることはないだろう」と云うと彼は優しくうんうんとうなづいてくれた。つい、「お母さんのお料理がたべれなくなって寂しいね」と云いそうになったが寸前でそれを私は飲み込んだ。そんなことを云わなくても大介さんは本当に寂しい想いをかみしめているのだから。他人がしたり顔で悲しみを助長するような事はいってはいけない気がした。

大介さんは今月終わり頃には現在勉強している中国語の語学留学に一月いかれるそうで、忙しくなられるだろう。また、それも良き事かなと思う。お母さまの愛した中国に行ってうんと充実した滞在を楽しめればいいなと心の底から思う。


119: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 20:06:41 ID:Gmk+KAEl0

大介さんが退席した後も大分長居させていただき、ご迷惑でなかったかしら、お疲れになったろうかと申し訳なくも思ったが、本当にリラックスして沢山のお話しをしていただき、じっくりとあずささまのおられる空間を共有できて嬉しかった。
これであずささまが「おお、スニや」と笑いながら閉じた書斎の扉を開けて出てきてくださったらどんなにかいいかと思うが、
それはもう云うまい。
きっと魔のサソリ座なのでいつまでもあずささまの不在を嘆く
かもしれないが、でも、後ろばかりは見まいと思う。
そうでなければ、哀しみを抱えてもなお前に進もうとしている
今岡家や天狼スタッフに申し訳ないとも思う。

訪問した時は昼だったのにお暇した時はもうすっかり日が暮れていた。
電車に揺られながらあずささまに「幸せにおなりよ、スニにはその資格があると思う。」と云われたことをふと思い出した。
あれはたしか婚約したときではなかったか。
結婚したとき「スニは基本が賢く正しい子だからきっと幸せになることでしょう。」と祝福してくれたのだから、「はい、今スニは幸せですよ」とちゃんと伝えておけばよかったと思いながら、夫と娘が待つ家に向かった。

長文にお付き合いくださりありがとうございました。



125: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 23:12:54 ID:K7DiCExs0

>>104
乙。
それにしても、さすがスミヨの舎弟。
気持ちの悪い文章だ。


185: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/26(日) 21:53:10 ID:uJkG/fqP0

>>104さん、乙
スニって人、壊れてる。こわい。

「本当はこんな不思議な人との生活を本にかいてみたくもあるのだけどね」
なに商売っ気だしてんだ元・寄生虫。でもがけっぷち早川なら乗りそう。


186: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/26(日) 21:58:36 ID:btSnNv6Q0

>>185
これからもずっと温帯の遺産で暮らしてゆくのだから「元」はいらない


123: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 22:33:15 ID:noJAaAUx0

>>105
まことにお疲れ様。

つっこみどころは数々あれど、とりあえず巣に、あざとい。
規格外は排除うんぬん、とか被害者意識ばっかで人々が何に眉をひそめるのか分からないんだろうな。
こういう種族が一大終結してたわけか。まさに魔窟。


120: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 20:30:21 ID:96zMBGxo0

まさかとは思うが
これちゃんと昼行灯D君の許可を得て書いたんだろうな?
もし無許可だったら密葬に突撃どころの迷惑じゃすまねーぞ…


121: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 20:32:01 ID:hdLkoXbS0

ス~ニ~!やっちまったな!(クールポコ風に)

貼ってくれた人ありがとう。
いつもあぐらのログ貼ってくれる方かな。


122: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 21:16:23 ID:IrejFisQ0

なんて自分に酔ったキモチワルイ文章だ
そんなとこまで温帯に似なくてもいいだろうに


124: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 23:02:20 ID:yE2vF7770

20代の小娘の頃のスニは確かに天然だと思えた
今は知らん
天然無罪と言う気もない


126: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 23:20:44 ID:NmiTH47t0

で、やばいと思って全消しかよ。小賢しい・・・
文中ちゃっかり自分の仕事の宣伝までしてるし


127: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 23:46:03 ID:QEEGaZa20

>>126
アンソロ画集は同人誌なw


128: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/24(金) 23:54:02 ID:Jfci7aFl0

ケイロニアをヤオイ塗れにした戦犯であることは理解できたが、
それ以上は「あずささま」なる気持ち悪い呼称と読み難い文章に断念。
最後まで読んだ姐さん方凄い。


129: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 00:27:40 ID:UdK2Gqkr0

あぐら坂ほどは反感おぼえなかったけど
D君は気の毒だな。
あと
ローデスサーガも未完のままおわってしまう。
エエエエ、まだあれ続く予定だったの…


130: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 01:06:38 ID:v/tT5+/8O

ローデスサーガも未完のままおわってしまう。

自分の物語気取りって(´Д`;)


131: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 08:12:29 ID:4sEZ5X040

素に、文章がヘタだね
私の言葉に 「そう、そうですよね!」と最高に瞳を輝かせた姿。
ああ、やはりきみは栗本薫/中島梓の息子なのだ……としみじみと感動した
ことだろうか。

ローデスについて遺族の賛同をもらったと見せかけ
自分の創作論にD君が目を輝かせたと言い、やはり君は温帯の息子なのだと自画自賛。


132: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 09:01:48 ID:xQCpvV5b0

温帯よりはマトモな文章だと思うけど、文芸作品ぶった偏執的な美化と
自己陶酔が激しくて気色悪い事この上ないな。
何よりいかにも「尊敬する師匠の死に向き合う自分」という状況にまず
酔ってそうな辺り、流石筆頭信者様パねーす


133: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 09:51:13 ID:1Lz6R18y0

貼ってくれた人乙。
とは言うものの目が滑って辛かった。
とにかく温帯のように自分ホメホメが大好きで気持ち悪いわー。
こんな程度の人に引きずられてグインが劣化して行ったんだなと思うと
温帯も所詮その程度の人だったって良く分かった。


135: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 12:43:39 ID:e/oNkrLX0

こいつと昼行灯さえいなければ、まだグインサーガは…。
でも、どっちにしろ温帯はこういう類に掴まってただろうしな。


137: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 14:17:45 ID:UdK2Gqkr0

でも結局温帯自身の責任でしょ、あの作品と文章の劣化は。
ダンナや取巻きに恵まれなかったとはいっても、選んだのは
温帯で、耳に痛い忠言を遠ざけたのも温帯だ。

思い切りお前がナーなことがおこったのも自業自得としか思えん。

それでも会館一杯の惜しんでくれる信者がいて幸せだったと思うよ。
あぐらで他人を傷つける暴言をはきまくっていたことを考えると
腑に落ちないけど。


139: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 15:32:53 ID:MPq5FJVz0

ああ、今岡さんは本当に
あずささまのことを愛してらしたんだ。

ながいつきあいのひとに「本当に」とか書かれるとこが
なんだか温帯かわいそうかも

夫と娘が待つ家に向かった

でしめてるし。
スニ温帯のこと幸せだとおもってなかったのかな?
とおもった


142: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 17:38:59 ID:9ZmDF1pd0

幸せにおなりよ」とか「その資格があると思う」あたりがこう、
ワキワキするっつーかなんつーか…


164: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/26(日) 01:55:36 ID:bRBb4yyt0

>>142
>幸せにおなりよ」とか「その資格があると思う」あたりがこう
資格云々をお前に言われたくない、選民思想かよ、って感じですね。


143: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 18:57:29 ID:oJAC8gif0

10月16日 ご母堂82歳の引越し
10月20日あたり~ 鬱だ胃が痛い食欲ない風邪か
10月29日 アトピーだ痒くて眠れない
11月8日  病院行こうかな
11月11日 黄疸発覚
11月12日 病院・即入院
12月20日 手術

07年秋の温帯の様子。
黄疸発覚の翌日に受診して癌判明、命に期限がついて、
以降亡くなるまで一年半、
夫が不必要な飲み歩きを避けるのは普通だろ。
それで
「奥さんを大切にしてあげれたなぁ。」と思ったそうである。
あちきに語った昼行灯は、よっぽど飲み歩きの我慢が辛かったのか


144: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 19:23:45 ID:fgdx9owS0

なんかヤンキーが良いことすると普通の人がするより
感動的みたいな、そんなレベルの美談だな。


145: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 20:17:43 ID:W9qOWD0Z0

そもそも旦那さんのプロダクションの主な収入源であり、お給料を出しているのが
私個人のはたらきである、というところからして(中略)
それにしてもやっぱりうちの旦那さんは世にもやさしい奥さん思いの夫であった

↑闘病記より。


146: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 20:34:25 ID:4sEZ5X040

普通の愛ある夫婦なら
そんなに悪化する前に夜遊びやめて病院に連れて行くし
自慢するほどのマメでやさしい紐なら家の中もこまめに片付けてくれる
温帯は触るな危険状態でゴミ屋敷に放し飼いにされてただけ

つか過去の付き人さんですら黙ってたことを暴露したスニって……
自分ホメホメの小説仕立てになってるのも気持ちが悪い……と
しみじみと感動したことだろうか。


147: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/25(土) 21:39:22 ID:U2AeW5Kp0

>とりあえず自宅に帰ってみると家の中が大変な有様になっていた。
>苦しい体調の中、それでも自力で生活していたのだから、片付けられないのも仕方ないよね。
>10年前の賞味期限のレトルトとか、何年も前の塩とか沢山でてきた。

ガンになる前からだろ?とか普通に思いそうなもんだがな。
そんな昔から片づけも出来なかったら、家族がやるとか病院つれてくとかありそうなもんだが。
いやそれは良いんだけどさ、ネットで書く事じゃ無いんじゃないか?
と思ったけど「そういう状態でも許されるのが選ばれた人間の特権」って言いたいのかな。
才能有る芸術家は変わってるんだよね、みたいな。


155: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/26(日) 00:12:07 ID:biZETRil0

うわあああああ。
>「奥さんを大切にしてあげれたなぁ。」と思ったそうである。
のとこ、今の今まで
『奥さんを大切にしてあげれた「」なあ。』と思ったそうである。
って読んでいたよ。

一文字有るか無いかで、
それを言った人間への印象が180度が変る文章だ。


156: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/26(日) 00:30:45 ID:aZjUe3Zo0

飲み歩きをやめたことで「奥さんを大切にしてあげれた」ってのが
引っ掛かるな。
温帯を心配してそばにいたというより、
ヒモがご機嫌取りのために温帯の言うことを聞いてあげたって感じで。
まあ、他人のフィルターがかかってるんだから、そっくりそのままの言動だったとは限らないけどさ。


173: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/26(日) 10:16:42 ID:7BuaYeHc0

自分の姿を周囲の人におしかぶせてよくここまで非難できるな


弔問記よんだ。
温帯は芸が劣化してたから同じにはできないけど
機能障害をもった芸術家には
スニのような人がよくひっつく
芸術家の中にある子供の部分に取り入るのがうまくて、
ベビーシッターか味方みたいに
振舞うんだけど正体は毒親と同じで、
唯一の理解者を装っている自分に自己陶酔してたり
他のまともな人を遠ざけてしまって自分が上に立てる機会を逃さない
死後、故人が傷つくであろう虚実まじえた暴露本を出すのもこの手合い

と思ってたら、スニがやってくれました
スニじゃなくてダニだったわけだ…


192: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/27(月) 02:53:37 ID:RSkmXyLeO

あー、スニじゃなくてダニでいいよもう。
てかスニは中原語は片言だけど、ノスフェラスではセム族の姫だし、
セム同士の会話はきちんとしていたよ。
悼むのふりをしてここぞとばかりに自分を持ち上げるような、
浅ましい真似はしないよ。

と、ついポンポン立つくらい気持ち悪い弔文だ…。


197: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/27(月) 15:28:49 ID:4+YKx/c20

温帯もそうとう毒吐きだったし
人格的にどうかと思う部分が多々あったけど、
なんか死後に出てくるあれやこれやを見ていると、
自業自得なんだろうけど、
それでも可哀相だなあ、って気持ちがだんだん強くなってきた。

虚像で回りを固めて、現実は見ないようにして、それで死ぬまで貫き通したわけだけど、どんどんどんどん暴露されて回りに積み重ねた綺麗な物、幻想の欠片を剥がされてる感じ。
しかもご機嫌取りしてたような輩から
温帯
がひた隠しにしてた部分まで暴露。
なんだかセツナス。


198: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/27(月) 15:53:47 ID:UyUxD+FG0

割れなべに綴じ蓋で夫婦仲だけは良いのかと思ってたけど
(というか昼行灯は上手い事ヒモとしての業務に邁進してたのかと)
それすら嘘だったと知って、パズルのピースの一つが嵌ったような気も
するし、可哀想な気もする。


218: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/28(火) 04:47:37 ID:9q7O1SDk0

息子は今の旦那との間の子供?
旦那さん元編集長で偉い人みたいなのになんで叩かれるの?
マネジメントとかしてたんじゃないの?


220: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/28(火) 08:58:20 ID:nHq/GaP7O

>>218
息子は今の旦那との間の子供?
そう
旦那と元奥さんの間には娘さんしかいないことを「私は息子を産んだ」とか言ってpgrしてた

マネジメントとかしてたんじゃないの?
編集者の役割もマネージャーの役割も主夫の役割も何も果たさず飲み歩くヒモ


223: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/28(火) 10:42:51 ID:BW1ItCAX0

>>220
略奪愛を勝ち誇ったせいで、
外にはずっと幸福な家族をアピールしなければならなかったんだろうね
ヒモのダンナだけはホメホメしながら世にもまめに温帯に仕えてるんだと
温帯の自慢を信じてたけど
長年のあいだ放置されていたことがわかって、やっぱり…って感じ。

スニさとう時子さん
時々温帯から「うっとうしい」と遠まわしに刺されてなかった?
一緒に旅行に行っても気が合うとか親しいとは違うと後から書かれたこともあったし密葬にも呼ばれてない。
その後も付きまとってご機嫌はとってたんだね。

219: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/28(火) 07:06:58 ID:BwfU8kM30



238: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/28(火) 23:28:12 ID:hkOrk/mB0

温帯は客観的視点が欠落している。ことに自分の事にかけては
世界一自分のことが判ってない人なんだってのが決定的に判ったのは、
こんなようなこと書いていたのを目にした時だった。(ソースはあぐら)

さる高名な作家の方が晩年になってきて、
書く文章ってのがぐだぐだになってきた。
それでも作品を発表し続けていたら、家族の方が
「もう(小説の中身が破綻しているので)
小説を書くのは止めてください」と進言したら、
「そうか」といってソレを最後に筆を折った


これを読んだ瞬間「これ、そのまんま温帯のことじゃないのけ?」って思ったのだが、
書いた温帯本人は「まあ、それはそれは大変ですねえ(他人事)」なんて感じで流していた。

そうか、温帯の家には
「鏡よ鏡、世界で一番面白い小説を書くのはだぁ~れ?」
といったら「それはあなたさまですよ」と、もみ絞る鏡しか
置いてなかったんだな。
「あなたの小説も面白いですが、○○って人の小説はもっとオモシロいですよ」
なんていおうもんなら
「キーーーーーー!」って叩き割られたことだろう。

文章ににじみ出る「栗本薫像」を本人以上に判っていたのが
ナメトマなんじゃなかろうか。


260: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/29(水) 19:13:50 ID:CgmyeS540

温帯の家って数年前にリフォームしてるはず
散々自慢してたような奥さん思いのマメな主夫なら
夫婦で力を合わせて不用品を整理したり捨ててるはずなのにね

料理の天才と自称しながら温帯の料理はゲテモノだったことは
誰でも知ってるし
昼行灯がちゃんとした妻思いなら
体のことだって気をつかったはずなのに。
この夫婦って家の中では顔を合わせることも少なかったんじゃない?

「アテクシは幸せ者です!」「愛されてる」と温帯が言うたんびに飢餓感だけが伝わってたけど
そういうことかと、  のレポートでトマトは納得


261: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/29(水) 19:35:38 ID:FtiTV2vT0

2006-1-21.htm
実はうちの母親がすごく整理苦手の人で、
お掃除も苦手な人なんですね。まあ一生、お手伝いさん
まかせにしてきたから当然なんだけれども。
その母親が育てたから、私は、自分が几帳面で
きれい好きだ、なんてことも気づく機会がないまま、
「なんか変だ」と思いつつ、汚くなった部屋に
むしょうにカンシャクをおこしたり、ときには神経症になったりしてたんですが、あれは実は
「自分の本性にないこと」しかできなかったから
だったんですね。
ことに赤坂の小さなマンションに間借りしてた新婚時代、
どうにも整理がつかなくなって
すごく汚くなってきたころに
めちゃめちゃ精神状態が悪くなって、部屋のなか見るたびに
ヒステリーがおきてものすごくケンカが多くなってたんだけど、引っ越してその倍以上、
いや3倍かなあ、広いとこにきたとたんに
ぴたりとケンカがおさまってしまって、つまり私が
イライラしなくなった。
それがまた15,6年かけてイライラするようになってきて、
これがまた思い切ってリフォームしたらぴたりとやんだ(^^;)
そして、リフォーム以来
基本は機嫌のいいまんまで(^^;)
(中略)
 で、発見したのが、「いまの私が一度掃除すると、そこは二度と汚くならない法則」です(笑)
考えてみるとうちの実家のやりかたってのは、
「見えなければ存在しない」だった(^^;)
つまり、「あかずの間」みたいなの作って
そこにありったけのゴミや雑物、いらないもの
放り込んで「ないない」してしまうとあとは
「それはなかったことに」っていう(^^;)
象の墓場方式といいますか……そこで育てられてるから
当然自分もそうしてきたんだけど、
いま構造改革はじめてみて、はじめて気がついたのは、
私、それが大嫌いなんですね(爆)
支配欲が強いのかもしれませんが、「自分の家にあるものはすみずみまで把握していたい」んですね、
私は。あれはここ、これはそこ、ってきっちりと
「おうちが決まっている」状態があらまほしい。


262: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/29(水) 19:51:21 ID:stOOpaIYO

>>261
…寝言かと思った
スゴいな、これは


265: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/29(水) 19:57:25 ID:88Btfohh0

うえーーー温帯、そんな嘘ついても、
ゴミ屋敷だってことがもうばれてます。
普通の家には、使わないものを置いておくような物置部屋ってものが
ありますのよ。
実家は、ごくごく普通の家だろ。
それがわからない温帯がおかしいんだよ。

友達がいないから他人の家(古い実家)にあちこちお邪魔したことが
なくて、知らなかったんだね。


273: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/29(水) 23:44:25 ID:CgmyeS540

それにしてもやっぱりうちの旦那さんは世にもやさしい奥さん思いの夫であった

悲しいね。


274: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 01:19:44 ID:PBsxaqDQ0

外に向かっては「幸せな家庭」アピールしてる温帯が実態を嘆いたり
他人に相談したりは出来ないと踏んで好きにやってたんだろうな、
昼行灯


279: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 08:27:14 ID:LBk9mS2b0


SFマガジン追悼号
故人の追悼文はどれも感動的だったのだけれど
作品を評論するものは
なるべく後半のもの(90年以降か)に触れないように
努力しているようなのが…

あと、温帯の思い出で
すらすら湧き出るように作品をものしていく姿への賛嘆が
いくつもあったのだけれども
このイメージに、本人までもが惑わされてしまって
ドロドロ湧き出てくるものを垂れ流すようになってしまったんだな、
と慨嘆
自分の得意が命取りになるというのは、
キャラクターものの定番なんだけどね

ホントは、ネタ元を常に絶え間なく仕入れておくか
あるいは一度書いたものを呻吟して手を入れていくか
どちらか(できれば両方を)するよう姿勢を変えなければならなかった
はずなんだよね
(たぶん、80年代半ばくらいに)


281: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 10:22:59 ID:CjuKQAFM0

誉められることが大好きな温帯がパティオで直接ファンの賞賛を得ることが出来るようになったのが間違いだった。
劣化もヤオイ化も歯止めがきかなくなって同人化

故人の追悼文はどれも感動的だったのだけれど

死んだ途端に本性むき出したダニなんか切り捨てて、
プロ仲間ともっと付きあってたらよかったのに。
あの性格じゃ無理だろうけど


282: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 10:41:25 ID:gAzZe0aqO

>>281
死んだ途端に本性むき出したダニ

的確過ぎる。
幾らでも「本物」の人たちと関わる事ができたのに。
切磋琢磨しあう、なんて発想が端から無かったんだろうな…。
だからダニにたかられるんだよ温帯('A`)


285: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 11:39:26 ID:kreT/qX90

>>281
あのお茶会レポを読んでぞっとしたよ。
あそこまでホメホメされたい人間だったとは思わなかった。
あれはファンサービスじゃなく、
アテクシをホメホメして気持ちよくさせる会だもんね。
本来は愚民(ファン)からホメホメされるんじゃなく、
貴族階級(作家、音楽家、芸能人)から
ホメホメされたかったはずなのに、
人気実力ともに劣化して誰もホメホメしてくれなくなったから
あんなちっぽけで貧乏くさくてみすぼらしいイベントを開いたんだろう。


288: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 13:21:54 ID:XWyDYjBK0

>>285
サイン会が始まってみたら、ブログ主さん以外は全員知り合いで、
本人が名のらずとも「○○さんへ」と温帯がスラスラ書いてた、
そしていざブログ主さんの番になったら
名前を訊かれずサインのみだったんだよね。
そういう集まりが普通になってる感覚にゾッとしたな。


289: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 13:30:16 ID:lHkRN7Vf0

その身内の集まりだけのフツーのオフ会にすればよかったのに・・
お茶会なんて気取るから・・・


290: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 13:37:19 ID:JQ70orcG0

>>289
同感。うっかり身内のオフ会に紛れ込んじゃったみたいな形になった
レポ主が可哀想すぎた。


295: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 15:43:36 ID:JQ70orcG0

個人的にはお茶会で、部屋のクーラーが効きすぎていて寒いのに
温帯が「みなさん寒くないですか?(2秒)寒くないですね。
じゃこのままで。」と押し切ったってところがツボった。


297: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 16:36:30 ID:ZciqtokC0

デブはクーラー効いてないと死ぬからなぁ…
夏に和服で温帯だったらクーラーガンガンだよな…


298: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 17:51:02 ID:U9O+EVA90

じゃあ尚更旦那は一緒に過ごせなかったろう
マッチョならまだしもガリガリでは生息温度が違う


283: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 10:53:36 ID:JQ70orcG0

結局本当の意味での味方って一人もいなかったんだな温帯


284: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 11:12:02 ID:bRsrHMjqO

味方かー、ヒモにこそ味方であって欲しかったんだろうけど
昼行灯は、どんなつもりで温帯に近づいたんだろ
恋愛感情からとは思えないのは、性格悪すぎるかな


300: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2009/07/30(木) 18:20:08 ID:PBsxaqDQ0

しかしスニ昼行灯も汚部屋とか油物好きとか温帯が他人には
隠しておきたかっただろうことを美談の名の下に曝け出しちゃうとか
フロイト的wには無意識に憎んでるとしか思えないなw




栗本薫・中島梓---JUNEからグイン・サーガまで (らんぷの本/マスコット)栗本薫・中島梓---JUNEからグイン・サーガまで (らんぷの本/マスコット)
堀江 あき子

関連商品
転移 (朝日文庫)
アマゾネスのように (ポプラ文庫)
グイン・サーガ・ワールド3 (ハヤカワ文庫JA)
いつかかえるになる日まで
グイン・サーガ・ワールド8 (ハヤカワ文庫JA)
by G-Tools




関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Headline
Advertising
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
楽天市場

楽天で探す
楽天市場
人気ページランキング
全記事表示リンク
メールフォーム
何かありましたら管理人hinamico宛 メールをお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Amazon DVDランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
タレント
15位
アクセスランキングを見る>>
週間人気ページランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。